アイキララが効かない件について

アイキララは高品質なアイクリームとしてSNSでも話題が殺到していて注目の的となっていますね。

 

 

そんな大人気のアイキララですが、ネット上では「効かない」という口コミもあるみたいです。

 

せっかく期待して購入した化粧品が、全く効かなかったらショックですよね。

 

そこでここでは、アイキララが効かないという噂は本当なのか?調べてみると驚きの事実が発覚することになりましたのでその結果をご紹介していこうかと思います。

 

 

効かないという悪い口コミまとめ

 

 

まず最初に効かないという噂の真相を確かめるべく、低評価の悪い口コミを調べてみることにしました。

 

目のクマがひどくなったことを友人から指摘されたことで、アイキララを試してみることにしました。

 

毎日1ヶ月間続けてみたのですが結果的には効果はありませんでした。

全額返金保証付きということで、思い切って購入することにしました。

 

15日間続けて効果がなかったので返金保証制度を利用することになりました。
過剰に期待しすぎない方が良いかと思います。

アイキララを2ヶ月間使いました。

 

1日1回か忘れた日もあったのですが、少なくても2日に1回は使っていたのですが結果的に目のクマやたるみが解消されるまでには至っていません。

 

最初よりは気持ちマシになったかな?程度ですので、口コミほどの効果はありませんでしたね。

 

アイキララは大ヒット商品ということもあって数えきれないほどの口コミがありました。

 

全体としては良い口コミが約8割で残りの約2割が低評価といったところです。

 

少数ながらも悪い口コミ(悪評)があることは事実ですが、全く真逆の良い口コミも多くあるので、この違いが気になりますよね。

 

そこでさらに深く口コミを分析してみることにしました。

 

高評価の口コミまとめ

 

 

目の下のクマが目立つ年齢になってきました。

 

今までアイクリームなんて使ったこともなかったのですが、アイキララがネットの人気商品だったので試してみることにしました。

 

地道なケアを2ヶ月続けてようやくクマも目立たなくなりました。

アイキララの悪い評価では、きちんと続けていないのではないでしょうか。

 

3ヶ月間毎日続ければ多少なりとも効果があるのでは?それほどこの化粧品は効果が高いものです。

 

私も約3ヶ月でやっと目のたるみがケア出来たので継続はとても大切ですよ。

口コミでは最低でも1ヶ月はかかるとありましたが、私の場合は2週間でほとんど目立たないレベルにまでなりました。

 

青クマのケアは比較的早い段階で効果が表れるそうですよ。

アイキララを愛用して2ヶ月を過ぎたあたりから目のハリが戻ってきました。

 

たるんでいた目元が解消していくと同時に黒クマも徐々に薄くなっていき、3ヶ月目には分からないまでになりました。マッサージも一緒に行うのが早く結果を出すコツです。

 

愛用者に問題がないか見直そう

効かないと言っている悪評と良い口コミを詳しく分析してみて浮き彫りとなってきた共通点や傾向が分かったのでご紹介していきます。

 

続けていない人が多い!

悪評(悪い口コミ)を投稿している人に限って、継続している期間が1ヶ月未満という傾向が多いことが分かりました。

 

アイキララの効果は個人差がありますが、2ヶ月〜3ヶ月で目に見えた効果を発揮するという意見が大多数でした。

 

これから目のクマやたるみを本気でケアするつもりなら、まずは3ヶ月続けて経過を観察することをおすすめします。

 

もちろん1ヶ月など早い期間で効果を実感される方もいますが、個人差が大きいですし、アイキララの成功者の体験談では2ヶ月〜3ヶ月続けている方がほとんどでした。

 

肌がハリを取り戻したり、キレイになるにはターンオーバーが必要不可欠です。

 

ターンオーバーとは、肌が新しく再生する時期のことです。

 

このターンオーバーは、平均して1ヶ月〜3ヶ月はかかると言われています。

 

年齢によっても期間に違いがあるので、せめて自分の歳のターンオーバーの時期までは続けるようにしましょう。

 

 

悪い口コミの大多数は1ヶ月でやめている人達なので、そんな口コミを投稿する側にならないように「継続して」成功を掴んで下さいね♪

 

⇒アイキララの公式サイトはこちら

 

1日2回使っていますか?

アイキララは毎日使用するものなので、2日に1回や3日1回などでは効果は半減してしまうことは言うまでもありませんよね。

 

 

基本的に朝と夜の1日2回のケアを行いますが、中には1日1回しか使用していないという方もいました。

 

もちろんそれでは、思ったように効果が得られなくては当然です。

 

説明書に書いてある通りにきちんと使い方を守っていれば問題ありませんが、つい忘れてしまったり・面倒だからとサボってしまうと、それだけ結果は遅れてしまうと思って下さい。

 

  • 1日1回を2ヶ月続けた人
  • 1日2回を2ヶ月続けた人

 

難しく考えなくてもこの両者ではどちらが成功できるか分かりますよね。

 

当然ながら地道に実践している後者です。

 

アイキララの効果についてはこちら

 

マッサージを実践していますか?

目のクマやたるみをケアするにはアイキララと一緒に目元のマッサージを実践するのが効果的です。

 

 

単純にアイキララを目のクマに塗るだけでも良いのですが、マッサージを同時に行うことでより早く結果が得られることも珍しくありません。

 

特に目のクマでお悩みの方は、目の下の血流が悪くなっていることが多いのでマッサージを実践するだけでも効果が期待できる場合があります。

 

生活習慣を見直してみて

日頃の睡眠不足やストレスは目のたるみの原因となります。

 

睡眠不足やストレスが続いた生活を続けていると自律神経が不調をきたし、血行不良などが起きてしまいます。

 

この血行不良は厄介なことに目の周辺に目立ちやすく、青クマやたるみの原因となってしまうこともよくあるのです。

 

アイキララを毎日実践していても、不規則な生活によって血行不良が続いていれば効果を実感しづらくなってしまいます。

 

あまりにひどい目のクマ

アイキララの愛用者のほとんどは「目のクマ」の悩みを解消したくて購入します。

 

 

そしてこの商品は期待に応えてくれるので大ヒット商品となりました。

 

しかし、目のクマと言っても症状には個人差があるので、あまりにひどいクマは改善しない場合もあります。

 

いくらアイキララでも100%効果を断言できるわけではありませんからね。

 

青クマは短期間でケアできるが、色素沈着した茶クマは改善しづらいと言っているブログを見かけることもありますが、アイキララで茶クマのケアに成功した方は私を含めたくさんいます。

 

茶クマは色素沈着しているので時間は必要ですが、地道にケアすることで効果は十分期待できますよ♪

 

ひどくなる前に早めにアイキララでケアしておくことが大切です。

 

効かないという悪い口コミの特徴

 

  • 1ヶ月以内でやめている
  • 1日1回しか使っていない
  • すぐにサボってしまう
  • クマがひどくなってからアイキララを使用

 

良い口コミの共通点

 

  • 3ヶ月以上続けている
  • 1日2回きちんと使っている
  • 毎日地道にケアしている
  • クマがひどくなる前にアイキララを使用している

 

アイキララが効かないと言っている悪い口コミも一部ありますが、1ヶ月以内にやめていたりきちんと使っていなかったりする場合がほとんどですので、そういった口コミは参考にはなりませんね。

 

 

逆にクマのケアに成功されている方は3ヶ月以上は続けているという共通点があります。

 

それといくらアイキララの効果をもってしても、あまりにひどいクマの場合には改善できないこともあるので、「クマが濃くなってきたかも?」と思った時に早めにケアすることが大切です。

 

⇒アイキララの公式サイトはこちら