アイキララの成分について

アイキララは国内でも最高品質を誇るアイクリームとして有名です。

 

 

最高品質というくらいなので成分にはこだわっているとは思いますが、私たち愛用者からすれば

 

  • 安全性はどうなの?
  • 成分に危険はないの?
  • 敏感肌でも大丈夫なの?

 

といった事が気になりますよね。

 

愛用者の私も気になったので徹底的に調べてみましたが、

 

そこで驚きの事実を知ることになり思わず腰を抜かしてしまいそうになりました。

 

隅々まで記載していますのでぜひご覧になって下さいませ。

 

 

アイキララの成分の詳細

全成分
水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

実際に私達が愛用する化粧品なのですが成分だけを見ても何が良いのか悪いのか分かる人は少ないですよね。

 

なのでここからはアイキララの成分について一つずつ解説していこうかと思います。

 

 

DPG(ジプロピレングリコール)

一般的には保湿剤として化粧品に配合されているものです。

 

抗菌作用も同時に備えているので液体の防腐剤としての役割を担っています。

アレルギーや皮膚刺激性については現在までほとんど報告がなく非常に安全性に優れています。

コメヌカ油

コメヌカ油とは、米ぬかから抽出されたエキスのことで保湿を目的に化粧品に配合されています。

 

さらに血流促進作用もあり肌のターンオーバーを整える働きもあります。

米ぬかにしか含まれていない「Y-オリザノール」という成分には高い抗酸化作用がありお肌の老化を防いでくれる効果があるとされています。

パルミチン酸エチルヘキシル

肌のバリア機能を高めることで水分の蒸発を防いでくれます。

 

硬くなった角質層の柔らかくしてモチモチなお肌へと導いてくれます。

 

パルミチン酸エチルヘキシルは現時点では、皮膚刺激性や眼刺激性はほとんどないとされていて、安全性が高い成分と位置づけられています。

 

グリセリン

グリセリンは高い保湿力があり多くの化粧品に配合されています。

 

赤ちゃんの肌にも使えるほど低刺激なので安心できますね。

 

ベヘニルアルコール

アルコールと聞くと心配される方もいるかもしれませんが、エタノールなどとは違い「高級アルコール」のため肌への刺激は少ない成分です。

アルコールは製品を安定させる為に必要なものなのですが、ベヘニルアルコールは赤ちゃんに使用するベビーオイルなどに配合されている安全性の高いものなので安心できますね。

トリエチルヘキサノイン

ベタつきがなく肌へのなじみが良いと美容液などによく配合されているトリエチルヘキサノイン。

 

お肌のバリア機能や水分を保持してくれる働きがあります。

 

皮膚刺激性やアレルギーの報告はほとんどありませんので安全性に問題はありません。

 

ステアリン酸

クリームの伸びの良さなどを良くする為に配合されています。

 

気になる安全性についても過去10年間でほとんど報告されていません。

アイキララはたった1プッシュで非常に伸びるのですが、ステアリン酸が配合されているおかげということが分かりましたね。

ステアリン酸グリセリル

ステアリン酸グリセリルは乳化安定作用がある為、クリーム系の化粧品には多く使われています。

 

国内外問わず実験されていますが、皮膚刺激性はほとんどなく危険性はないとの結果です。

 

セテス-25

乳化剤としてクリーム系の化粧品などに幅広く使用されている成分です。

 

ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(MGA)

 

 

ビタミンC誘導体の一種であり高い美白作用があるとされているものです。

 

アイキララのメイン成分でもあり、目のクマやシミなどのケアに効果が期待できます。

 

ビタミンCをお肌に吸収しやすくする為に開発された成分として高品質な化粧品などに配合されています。

 

パルミトイルテトラペプチド

パルミトイルテトラペプチドは加齢によって起こる

 

  • シミ
  • しわ
  • くすみ

 

などを予防する効果があるとされています。

クマだけでなく、目の下のくすみやしわまで同時にサポートできる成分がきちんとアイキララには配合されていました。

ステアレス-20

乳化剤として赤ちゃんに使用するベビークリームにも多く配合されているほど安全性の高いものです。

 

皮膚刺激性・眼刺激性もほとんどないとされています。

 

グルコン酸クロルヘキシジン

皮膚刺激性がほとんどないとされており、その代わりに高い殺菌作用があります。

 

デリケートな目元の皮膚を雑菌が保持する役割がありお肌を健康に保つ働きがあるものです。

 

アンズ核油

アンズ核油は奇跡のオイルとも言われ

 

  • 紫外線予防
  • シミの改善
  • イボのケア

 

などに効果があるとされています。

目元に小さなイボが出来ている方もいますよね。
そういった方にもアイキララは対処できる成分が配合されていました。

アボカド油

アボガドオイルには肌の若返り効果があると言われていて

 

  • 高い保湿効果
  • 角質層の柔軟化
  • 炎症抑制作用
  • バリア機能を高める
  • アンチエイジング

 

など様々な悩みをケアできる成分として高級化粧品に配合されいる貴重なオイルです。

 

カニナバラ果実油

肌のハリやキメを整える働きがり、同時に保湿力に優れています。

 

目元のたるみにお悩みの方にとってもハリを取り戻すチャンスを与えてくれる成分です。

 

ヒマワリ種子油

高い抗酸化作用があるとされており、アンチエイジングに効果的と言われています。

 

保湿力にも優れていて、乾燥肌のケアにおすすめの成分です。

 

ナットウガム

ナットウガムとは納豆を発酵させて作られた成分です。

 

高い保湿力が一番の魅力で、コラーゲンよりも高い効果があると言われています。

 

ジメチコン

ジメチコンは無色・無臭のシリコーンオイルです。

 

安全性が非常に高いことで知られており、肌をなめらかにする効果があるとされています。

 

トコフェロール

トコフェロールとはビタミンEのことでくま・くすみをケアする効果があります。

 

アイキララは肌荒れ改善に役立つビタミンEまでも配合されていました。

 

 

アイキララの成分は徹底的に安全性を考えて作られており、配合されている成分を見ても危険性のないものばかりでした。

 

デリケートな目元のケアだからこそ刺激の強い成分は一切排除されていて、間違いなく優秀なアイクリームということは明白です。

 

 

一般的にこれだけ多く含まれている化粧品の成分を見ると、一つは刺激性の強いものが配合されているものなのですが、アイキララにはたった一つもそのようなものはありませんでした。

 

これを知った時には思わず腰を抜かすほど驚きました!(^^)!

 

肌のアレルギーについて

お肌の体質は人それぞれなので、どれだけ成分に気を付けていてもアレルギーを100%防ぐことは不可能です。

天然由来の植物成分にアレルギーがある方もいらっしゃいますので、そういったことを考えるとやっぱり難しいですよね。

アイキララはそういった仕方のないアレルギーのリスク管理までも徹底されていて、商品開発の段階でアレルギーテスト実施済みです。

 

実際にアレルギーや敏感肌に関しては事前に臨床試験が行われて全てのテストをクリアしていますので、リスクはかぎりなく低いと言えるでしょう。

 

無添加のアイクリーム

これはアイキララの公式サイトにも記載されていることなのですが、配合されている成分は無添加で作られています。

 

 

  • 着色料
  • 保存料
  • 防腐剤

 

は一切使用せずに肌に優しい成分を厳選して配合しているので敏感肌の方でも安心してご使用できます。

 

敏感肌でなくても目元のデリケートな箇所に使用するアイクリームなので無添加はありがたいですよね。

 

アイキララの効果と製造元の安心感

アイキララの成分や品質は絶対的に安心できるものだということが分かりました。

 

さらには製造元や効果的な成分について驚くべき事実がありましたのでそちらについても触れていきたいと思います。

 

東証一部上場企業が製造元

アイキララを開発した会社は東証一部上場企業の「北の快適工房」です。

 

 

ネット通販では名前も知らない会社や個人が販売している商品もたくさんあります。

 

そういった商品でも皆さんは問題なく愛用しているのですよ!(^^)!

 

しかし、アイキララは大企業が製造元ということで絶対的な安心感があります。

万が一にも商品に大変な不備があった場合には間違いなくニュース沙汰で会社の存続の危険すらあります。

大企業だからこそ商品の安全性には人一倍気を使っているのですね。

 

開発段階から違う

商品を開発する段階から、アイキララは他の商品とは違います。

 

一般的な商品開発では、

 

  • 商品サンプル
  • 理論データ検証
  • 商品化

 

 

といった流れなのですが、「これだけで商品化して良いの?」って思うくらい簡単じゃないですか?

 

その化粧品が効果があるかどうかこれだけではちょっと弱いですよね。

 

アイキララの製造元の北の快適工房さんの商品開発はこうなっています。

 

 

  1. 商品サンプル
  2. 理論データ検証
  3. モニター体感調査
  4. 他の類似成分との比較
  5. 類似成分でもう一度のモニター調査
  6. 商品化

 

アイキララはこのような製造過程で何度も「モニター調査」が実施されているのです。

 

そしてモニター調査の段階で「ビックリするほど良かった」場合のみ商品化されます。

 

 

これだけの時間と労力をかけて開発されたのですが、アイキララが大ヒット商品になるのも必然ですよね。

 

医学誌にて効果が掲載

アイキララの成分でさらに驚く点は、「効果・効能試験実施済み」なんです。

 

 

アイキララを使用する前と使用後4週間の結果を比較し、その結果で成果が出ています。

 

そしてその試験の結果においは「医学と薬学」という医学誌に掲載されているほどです。

 

 

アイクリームはたくさんのメーカーから販売されていますが、効果・効能試験まで行っている商品はアイキララだけだと思います。

 

アイキララの成分まとめ

 

 

  • 安全性は全く問題なし
  • アレルギーテスト実施済み
  • 無添加のアイクリーム
  • 東証一部上場企業の安心感
  • 効果・効能試験実施済み

 

アイキララの成分について調べれば調べるほど、安心できるアイクリームだということがはっきり分かりました。

 

配合されている成分の中には危険な成分は一つも配合されていないのです!

 

そして効果についてもきちんと試験が実施されていますし、大企業が販売元という点も購入者としては安心できますよね。

 

アイキララの成分を調べて腰を抜かすほどビックリした私の気持ちが分かるでしょ?!(^^)!

 

アイキララの関連記事
アイキララの効果は皆無!2ヶ月試して分かった最大のデメリットとは