アイキララの使い方について

目元のクマやたるみをケアできるアイクリームとして圧倒的な人気を誇っているアイキララ

 

 

しかし効果的な使い方が分からないという意見がチラホラ出てきているようですね。

 

せっかく高品質で効果の高い化粧品を愛用しているわけですから、より効果的な使い方を覚えて覚えておくようにしましょう。

 

こちらの記事では、アイキララの使い方について隅々まで記載しておりますのでぜひ参考にされてみて下さいませ。

 

 

アイキララの正しい使い方とは?

 

 

アイキララは1日2回使用することが推薦されています。

 

洗顔と同じタイミングで朝と夜の2回使うのがおすすめです。

 

1日1回だけだと、効果が半減してしまう恐れがありますので1日2回のケアをいつものスキンケアにプラスして行うようにして下さいね。

 

  • 洗顔をしよう
  • 化粧水を塗る
  • アイキララを使用

 

これがアイキララの正しい使い方です。

 

お使いの化粧水の使用後にアイキララを使うことで浸透力が高まる効果が期待できます。

 

普段のスキンケアにワンプッシュで追加するだけなので、手間もそれほどかかりません。

 

使い勝手は簡単ですごく良いアイクリームだと思います。

 

使い方に関する3つの注意点とは?

使い方の正しい手順については取扱い説明書にも記載されていますので、そちらを参考にすれば良いのですが、アイキララを使う上で3つの注意点があります。

 

優しく塗り込む

アイキララはトントンと目の下に置くようにして使います。

 

 

その後は指の腹で優しく塗り込むように浸透させます。

 

この時に「優しく塗り込む」というのがポイントです。

 

目の下の皮膚が非常に薄く、わずか0.5o程度しかありません。

 

その為、ゴシゴシと強く擦ってしまうと色素沈着した茶クマの原因となってしまいます。

実際に目の下の摩擦が原因で茶クマとなっている方も多くいますので、ここだけは注意が必要です。

アイキララの使い方を間違った結果、茶クマがひどくなった!という恐れもあるので「優しく」ということを忘れないようにしましょう。

 

ワンプッシュで両目に使う

アイキララの口コミでよくある間違った使い方として「2プッシュで両目に使用している」という方が多いことが分かりました。

 

ワンプッシュを片目に使用した結果、「アイキララは1ヶ月も長持ちしない」といったようなよく分からない悪評を出している方もいました。

 

アイキララは1プッシュで両目に使用しますので、勘違いしないようにして下さい。

 

 

説明書通りにきちんと使っていれば、1ヶ月は長持ちしますので安心して下さいね。

 

目に入らないように要注意

アイクリームを目元に使用していると、ついつい急いでいる時間帯などでは目に入ってしまうことも珍しいことではありません。

 

ちょっと染みる!程度で終わりなのですが、これが頻繁に続くようだと問題です。

 

アイキララがいくらお肌に優しい成分で作られているとしても、デリケートな眼球に入り続ければ何らかの悪影響があってもおかしくありません。

 

アイキララを使用する際には、目に入らないように心がけるようにして下さい。

 

注意さえしていれば全く問題となることはありません。

 

効果を最大にする使い方の豆知識

アイキララを使用する上でより効果を発揮する使い方の豆知識についてもご紹介していくことにします。

 

5秒間の温め

アイキララを使用する前には、手の甲にワンプッシュとって指の腹で5秒間温めます。

 

 

人肌に温めることによって浸透力のアップが期待できます。

 

この5秒間の手間を惜しんでしまうと長期的な視点から見れば、大きな損となってしまいかねません。

 

最大の効果を得る為には、たった5秒の手間を惜しまないようにして下さいね。

 

目元マッサージ

アイキララはアイクリームを塗るまでの手順しか記載されていないのですが、目のクマ対策にはマッサージも非常に効果的です。

 

あまり擦りすぎると茶クマの原因ともなってしまう為、やさしーくマッサージを行うのがコツです。

 

 

例えば青クマは血行不良が原因ですので、血流を良くしてあげれば良いわけですよね。

 

目元のマッサージをしてあげるだけでも、改善できたという例もありました。

 

血流を良くすることでお肌も活性化しますのでぜひおすすめです。

 

3ヶ月は続けてみる

アイキララは徐々に効果を発揮するアイクリームなので、「続ける」ということが非常に重要です。

 

お肌はターンオーバーを繰り返すことで新しく生まれ変わりますので、ターンオーバーの周期を考えると約3ヶ月は最大の効果を実感するまでには必要な期間ではないかと思われます。

 

 

これは実際にアイキララの口コミを拝見しても、成功者のほとんどが3ヶ月以上の使用者であったことからも言えることです。

「逆に効果が実感できなかった」という人に限って1ヶ月やそこらでやめてしまっているという特徴があることも分かりました。

アイキララの間違った使い方

アイキララのよくある間違った使い方についても触れていきたいと思います。

 

 

心当たりのある方はこれを読んで正しい使い方に改善するようにして下さいね。

 

1日1回しか使用していない

1日2回使用しなくてはいけないアイキララですが、最初はやる気に満ち溢れていて欠かさず使用していても次第に時間がある時の1日1回だけ!となってしまうこともよくあるみたいですね。

 

これが数日間も続いてしまうと効果が落ちてしまうことは言うまでもありません。

 

1日や2日程度は忘れてしまっても大きな影響はありませんが、1日1回しか使っていない期間が長くなると、思ってように効果が得られなくなってしまいます。

 

慣れてしまえば、面倒なことではありませんので習慣となるまで意識して頑張るようにして下さい。

 

1ヶ月でやめてしまっている

目のクマを解消する為には、ターンオーバーが重要です。

 

ターンオーバーは年齢によっても差があるのですが、20代の方でも28日間は必要だとされています。

 

目のクマをケアする為には、このターンオーバーを3回ほどは繰り返す必要があるのでせめて3ヶ月間は続けてみることが大切です。

 

オールインワン化粧品と併用している

アイキララはお使いの化粧品と併用しても問題はないのですが、一つだけ注意することとしては、オールインワン化粧品とは併用しないようにして下さい。

 

オールインワンタイプの化粧品では油分が多く含まれていることがあり、アイキララの成分の浸透を妨げてしまう恐れがあるとのことです。

 

せっかく高品質な美容成分ですので、しっかり浸透させる為にはオールインワンとの併用は避けるようにしましょう。

 

保管場所を間違えている

アイキララは常温での保管となっています。

 

温度が低すぎる場合は、クリームが硬くなってしまうことがあります。

 

直射日光が強く温度が高い場所に長時間放置しておくと成分劣化の恐れもありますので保管場所にも注意が必要です。

 

直射日光が当たらない部屋に置いておけば特に問題はないかと思います。

 

ロックをかけ忘れている

アイキララはロックを解除して使用するのですが、ご使用後はロックをかけて保管するようにして下さい。

 

ロックをかけ忘れると、多少の刺激で破損してしまい正常に使えなくなってしまうことがあります。

 

また、必要以上の空気を入れてしまうことで成分に影響が出る恐れもありますのでご使用後のロックをかけ忘れないように要注意です。

 

アイキララの使い方まとめ

 

 

アイキララが説明書通りに使用していれば特に問題はありません。

 

しかし、目元のマッサージは記載されていませんが行って損はない手順なので当サイトではおすすめしている方法です。

 

間違った使い方しなければ、最大の効果を得る使い方ができるはずです。

 

アイキララを使っているけどイマイチ効果が出ないなぁ」なんて方は使い方についてもう一度見直してみても良いかもしれませんね。

 

アイキララの関連記事
アイキララの効果は皆無!2ヶ月試して分かった最大のデメリットとは

 

アイキララの解約の仕方と実際にあったトラブルの口コミ!