アイキララのアレルギーについて

愛用者のリピート率が95%と驚異的な数字を誇るアイキララ

 

 

高品質なアイクリームということが伺えますが、「アレルギー」体質でも問題なく愛用できるの?

 

ということについてはもちろん心配ですよね。

 

そこでここではアレルギーが心配な方に向けて

 

  • 購入前のチェックポイント
  • 使用して発覚した場合の対処方法

 

などについてまとめて記載みましたのでぜひ参考にされてみて下さいませ。

 

アレルギーの方へ!購入前のチェックポイント

 

 

大人になると自分がどのようなアレルギーを持っているのか?のついて知っている方がほとんどだと思いますので、アイキララを購入する上でのチェックポイントについてご紹介していくことにします。

 

成分表をチェックする

敏感肌やアレルギーが起こる可能性が心配される方は、購入前に必ず成分表をチェックしておくようにして下さい。

 

 

万が一にも自分に合わない成分が使用されているのでしたら、ご購入はお控えになった方が無難だと思います。

 

  • 化学成分や添加物は?
  • 天然由来の成分は?

 

このどちらも確認しておくことが大切です。

 

植物由来の成分なら大丈夫と、たかをくくっている方もいるみたいですがアレルギーは植物由来の天然成分でも発症する可能性は十分あります。

 

例えば花粉症もその一つですよね。

 

アイキララに配合されている全ての成分を一つ一つチェックしるようにして下さいね。

 

↓アイキララの全成分

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

安全性の高い化粧品なの?

化粧品選びには安全性も重要な項目ですよね。

 

安全性の高い化粧品としては、

 

  • アレルギーテストを行っているのか
  • 添加物を避けて作られているか

 

この2つが安全なアイクリーム選びの基準となります。

 

肝心のアイキララはこのどちらの基準もクリアしていますので安心できるかと思います。

 

 

気になる添加物に関しましては、

 

  • 着色料
  • 保存料
  • 防腐剤

 

などは未使用です。

 

おまけにアレルギーテスト実施済みのアイクリームなので、アイキララの安全性は高いと言えます。

 

パッチテストを行う

アレルギーなどのデリケート肌の方は、アイキララが自宅に届いたら、直接使用するのではなくまずはパッチテストから実施してみましょう。

 

腕や足に試しにテストを行ってみて、問題ないようであれば使用可能です。

 

目の下はデリケートな箇所でもありますので、パッチテストを行っていればより安全な使用ができますよね。

 

使用してアレルギーが発覚した場合の対処法

今まで、全くアレルギーとは無関係な生活をおくってきた方が、アイキララで突然アレルギー発症。という可能性もゼロではありませんよ。

 

限りなく低いのですが、世の中に「絶対」なんて言葉はありませんからね。

 

そんな時にはすぐに、「全額返金保証制度」を利用しましょう。

 

返金保証ですから手続きを行うことで、商品代金は返金されますのでお金だけ損してしまうようなことにはなりません。

 

25日間以内の簡単なお手続きで返金することができますのでご安心下さい。

 

 

アイキララを試してみる前に成分表をチェックしていれば、危険性はほとんど避けることができます。

 

そして万が一の場合にも返金保証があることでアレルギーのリスクが使用後にも関わらず、カバーできる点は購入者にとってはありがたいことですよね!(^^)!

 

 

アイキララの関連記事

 

アイキララの解約の仕方と実際にあったトラブルの口コミ!

 

アイキララとアイウルルはどっちがおすすめ!?徹底検証!