アイキララが医学と薬学に掲載された!

アイクリームの中でも口コミで一番の高評価商品がアイキララとなっていました。

 

 

その評判によって拡散して今や大ヒット化粧品ですね。

 

そんなアイキララの効果が「医学と薬学」という雑誌で紹介されているそうなのですが、

 

  • 医学と薬学って何?
  • それって凄いことなの?

 

などの疑問もあるかと思いますので隅々まで記載し、まとめてみましたのでぜひご覧になって下さい。

 

 

医学と薬学について

医学と薬学とは、1979年に創刊した歴史ある医学雑誌です。

 

 

その内容は医薬品や医学的な研究結果における論文などを掲載しています。

 

アイキララは医学と薬学に自社での臨床試験の結果が掲載されています。

 

 

その結果、「アイキララ」は、使用前と比較して2週間使用後、4週間使用後に、目の下の皮膚の色(明るさ・色見)、目の下の皮膚の弾力などにおいて有意に改善し有効性ありと特定された。また、安全性について問題がないものと考えられる。

 

引用:医学と薬学

 

つまりは、目のたるみ・目のクマに効果があったということを実証したということです。

 

この結果によってアイキララは少なからず、専門家も含めた多くの方々の注目を集めました。

 

この医学誌に掲載されたことによってアイキララの商品価値は大きく高まったと言えます。

 

それって凄いことなの?

医療関係に携わっていない方にとっては「だからなんなの?凄いことなの?」なんて思ってしまいますよね。

 

この医学と薬学という医学誌は、病院関係はもちろん大学などの教育機関などにも置かれています。

 

  • 医師
  • 薬剤師
  • 製薬会社
  • 研究者

 

などの専門家集団が研究結果を掲載できる雑誌ですので、医療関係者の多くが愛読しています。

 

専門性の高い医療雑誌でアイキララのような化粧品の臨床結果が掲載されることは非常に珍しいことなのです。

 

今までアイクリームで論文掲載なんて聞いた事も見た事もありませんよね。

 

アイキララはエビデンスがある

この化粧品は効果がありますよ!」なんて紹介している商品は腐るほどあるのですが、信憑性にイマイチ欠けてしまいます。

 

効果が期待できる成分を配合していても、その商品で証明されていないのであれば「効果がある」とは言えませんよね。

 

その点、臨床試験の結果を公開したことで、アイキララにはエビデンス(臨床試験による証明)がある化粧品ということが言えます。

 

 

アイキララは、目のクマやたるみに効果を実証した化粧品ということですので信頼性は抜群ですね。

 

研究結果が何よりの証明

化粧品や医薬部外品では、「効果が期待できる成分」がいくつも配合されて作られています。

 

例えば、スキンケア商品ならシミとニキビに効果的な成分が含まれている!といったイメージです。

 

ですが、ここで勘違いしてしまいがちな落とし穴があります。

 

それ成分が効果があっても商品そのものに効果があるとは言えないということです。

 

いくら成分に効果が期待できたとしても、配合量が少量では効果がない場合もありますよね。

 

他の成分とのミスマッチによって本来の効果を発揮できないという可能性もあります。

 

だからこそ、その化粧品(商品)そのもので検証してみる必要があるのです。

 

化粧品では研究結果を行なっている商品はほとんどありません。

 

そんな中、アイキララは自信で臨床試験を行ってその効果を証明したということが言えますね。
全員に100%効果があるとは保証できませんが、医学と薬学の論文結果を見ると効果が期待できることは間違いありません。

 

アイキララと医学と薬学のまとめ

 

 

  • 医学と薬学は権威ある医療雑誌
  • アイキララは自社の研究で成果を証明
  • たるみ・青クマに効果ありとの試験結果

 

アイキララの試験結果が医学誌に掲載されている時点で、信頼性は高まりますよね。

 

調べてみても他のアイクリームでは、ここまで研究されている商品はありませんでした。

 

日々の研究を怠らずに、効果を追求している点も愛用者としてはうれしい限りです。

 

 

 

アイキララの関連記事

 

アイキララの効果は皆無!2ヶ月試して分かった最大のデメリットとは